教育方針・目標


家庭から集団生活への第一歩を踏み出す幼児期は、人間形成の最も大切な時です。

友達との触れ合いによって仲間づくりをさせ、その生活の中でいろいろな経験を積み重ねて、

幼児の持っている能力を豊かに伸ばしていくよう指導しています。

教育方針

  1. 心身ともに健全で明るく、何事に対しても興味や関心を持たせる。
     
  2. 他人に対して思いやりのある心を育て、迷惑をかけないような子供になるよう心がける。
     
  3. 基礎的な運動能力を養い、その態度を身につける。
     
  4. 豊かな情操を育てる。


教育目標

文部科学省の指導要領に基づき、

健康・人間関係・環境・言葉・表現の領域を総合的に組入れ、

一人一人の個性を大切に伸ばしていき、個々の主体性を重視した保育をする。


元気で明るく思いやりがあり、最後まで頑張る子供を育てる


・健康
健全な心と体を育て、健康で安全な生活を作り出す力を養う。
・人間関係
他の人々と親しみ支え合って生活するため、自立心を育て、人と関わる力を養う。
・環境
自然や社会の事象等身近な環境に積極的に関わる力を育て、生活に取り入れていこうとする態度を養う。
・言葉
経験したことや考えたことを話し、言葉を使って表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚を養う。
・表現
豊かな感情を育て、感じたことや考えたことを表現する意欲を養い、創造性を豊かにする。